Calender

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

談話室

山頭火とコーヒー (10)

JUGEMテーマ:コーヒー
山頭火とコーヒー (10)

coffeecup
 
山頭火の絶筆というべき三句に
「ぶすりと音たたて虫は焼け死んだ」
「焼かれて死ぬる虫のにほひのかんばしく」
「打つよりをはる虫のいのちのもろい風」
がありますが、辞世の句が「もりもりもりあがる雲へ歩む」とする説があるものの、他に諸説あるようです。

 死の年である1940(昭和15)58歳 の「一草庵日記 」に
 『 八月二十日 晴。
 早起、空が何ともいへない美しさだつた。孤貧に徹せよ、それが私に残されたる唯一の道である。即景即事即物即心である、あらねばならない。
句作の心がまへとして、―― 貪著心を去れ。身心一如たれ。すなほであれ、強く強く、細く細く。……
昨日は昨日の風が吹いた、今日は今日の風が吹く、明日は明日の風が吹かうではないか。
今日の今を生きよ、生きめけよ。』
として、自らの運命を受容し達観している心情が見られます。

 絶筆は死の3日前である十月八日に
 『 … 感謝は誠であり信である、誠であり、信であるが故に力強い、力強いが故に忍苦の精進が出来るのであり、尽きせぬ喜びが生れるのである。… 母への感謝、我子への感謝、知友への感謝、宇宙霊―仏―への感謝。
一洵老が師匠の空覚聖尼からしみじみ教へてもらつたといふ懺悔、感謝、精進の生活道は平凡ではあるがそれは慥かに人の本道である――と思ふ、この三道は所詮一つだ、懺悔があれば必ずそこに感謝があり、精進があれば必ずそこに感謝があるべき筈である、感謝は懺悔と精神との娘である、私はこの娘を大切に心の中に育くんでゆかなければならぬ。
 芸術は誠であり信である、誠であり信であるものゝ最高峰である感謝の心から生れた芸術であり句でなければ本当に人を動かすことは出来ないであろう … 感謝があればいつも気分がよい、気分がよければ私にはいつでもお祭りである、拝む心で生き拝む心で死なう、そこに無量の光明と生命の世界が私を待つてゐてくれるであろう、巡礼の心は私のふるさとであつた筈であるから。 … 更けて書かうとするに今日は殊に手がふるへる。』
として、自らの死を覚悟しているかのように思えます。

  他界の半年前に著した『草木塔』の冒頭「若うして死をいそぎたまへる母上の霊前に本書を供へまつる」と認めており、母親の位牌を身につけて旅をしていたことからも、10歳で死に別れた母親への思慕が終生あったように考えられます。

 山頭火は、酒とともにコーヒーを好んでいたことが分かりましたが、果たしてコーヒーをどうやって飲んでいたのでしょうか。サイフォン式だったのか、ドリップ式だったのでしょうか。
山頭火がコーヒーを盛んに飲んでいた時代は、1933年神戸に上島商店(現UCC)が創業、1934年にはコロンビアコーヒーの輸入開始され、1938年にはコーヒーの輸入制限が始まった時期です。インスタントコーヒーは1960年代ですから、これはありません。特別な道具を使わずに飲んだとすると、獅子文六氏いうところの、野点コーヒーつまり、薬缶か鍋にコーヒーを豆のまま入れ、沸騰したら上澄みをとって、濃厚なコーヒーを飲んだのかもしれません。

 長い行乞の旅の間の、ひとごこちつけることができた時に、庵でコーヒーを飲んでいた山頭火にはどのような香りをかいていたのでしょうか。きっと心休まるひと時であったことと思います。

(了)
  • 2015.12.27 Sunday
  • 10:37

談話室

山頭火とコーヒー (9)

JUGEMテーマ:コーヒー
山頭火とコーヒー (9)
 
coffeecup

 『 十一月十一日 晴、時雨、――初霰、滞在、宿は同前。
 山峡は早く暮れて遅く明ける、九時から十一時まで行乞、かなり大きな旅館があるが、こゝは夏さかりの冬がれで、どこにもあまりお客さんはないらしい。
午後は休養、流れにはいつて洗濯する、そしてそれを河原に干す、それまではよかつたが、日和癖でざつとしぐれてきた、私は読書してゐて何も知らなかつたが(谿声がさう々と響くので)宿の娘さんが、そこまで走つて行つて持つて帰つて下さつたのは、じつさいありがたかつた。
こゝの湯は胃腸病に効験いちじるしいさうなが、それを浴びるよりも飲むのださうな、田舎からの入湯客は一日に五升も六升も飲むさうな、土着の人々も茶の代用としてがぶ々飲むらしい、私もよく飲んだが、もしこれが酒だつたら! と思ふのも上戸の卑しさからだらう。
……
 今夜は飲まなかつた、財政難もあるけれど、飲まないでも寝られたほど気分がよかつたのである、それでもよく寝た。繰り返していふが、こゝは湯もよく宿もよかつた、よい昼でありよい夜であつた(それでも夢を見ることは忘れなかつた!)
 「しぐるゝや人のなさけに涙ぐむ」
 「山家の客となり落葉ちりこむ」
 「ひとりあたゝまつてひとりねる」 』

 衣を川で洗濯し河原で干すものの、読書に熱中し雨に濡れてしまった。それを宿の娘さんが走っていって持って行ってくれた。ひとの暖かさをいたく感じ、「 … 人のなさけに涙ぐむ」のである。気分がよく、財政難もあるものの、いつも飲んでいる酒を飲まずに済んだというのだ。そして「夜半の雨がトタン屋根をたたく … 」音を聞きながら、「ひとりあたゝまつてひとりねる」のは、旅の孤独を感じながらセンチメンタルな気分になっていたのでしょうか。

 ひとの情けに感じて酒を飲まずに済んだのは、山頭火の心の空白を埋めるために酒に頼っていたのかもしれません。

(続く)
 
  • 2015.12.20 Sunday
  • 11:17

談話室

山頭火とコーヒー (8)

JUGEMテーマ:コーヒー
山頭火とコーヒー (8)
 
coffeecup

 山頭火が酒好きだった記述はたくさんあります。
「夜長ノート 1911(明治44)年12月( 「青年 明治四十四年十二月号」)29歳」に
 『いつまでもシムプルでありたい、ナイーブでありたい、少くとも、シムプルにナイーブに事物を味わいうるだけの心持を失いたくない。
酒を飲むときはただ酒のみを味わいたい、女を恋するときはただ女のみを愛したい。アルコールとか恋愛とかいうことを考えたくない。飲酒の社会に及ぼす害毒とか、色情の人生に於ける意義とかいうことを考えたくない。何事も忘れ、何物をも捨てて――酒というもの、女性というものをも考えずして、ただ味わいたい、ただ愛したい。』とあります。

 山頭火は大酒を飲み、警察に留置されたり、無銭飲食をして失敗談も沢山あり、アル中のようにも考えられますが、後年、酒量が下がったようです。1935(昭和10)53歳では、
 『 一月十一日 晴、あたゝかい。
近頃の食物の甘さ――甘つたるさはどうだ、酒でも味噌でも醤油でもみんな甘い、…
よい晩酌、二合では足りないが三合では余ります。』
 『 一月十二日
いつもより早く、六時のサイレンで起きる。物忘れ、それは老人の特権かも知れない、私も物忘れしてはひとりで微苦笑する。… 餅と酒とを買ふ、餅もうまいし酒もうまい。酔うた、酔うたよ、二合の酒に。……
夜はさびしい風が吹きだした、風がいかにさびしいものであるかは孤独生活者がよく知つてゐる』
とありますが、度を超した深酒が失敗のもとだったのでしょう。

一方で、山頭火は酒をある理由で、飲まなかったという記録があります。行乞記 1930年山頭火48歳、大分県湯布院町湯平温泉でのこと。のん兵衛、而してその実態はアルチューにあらず、だったようです。

 『 十一月十日 雨、晴、曇、行程三里、湯ノ平温泉、大分屋
夜が長い、そして年寄は眼が覚めやすい、暗いうちに起きる、そして『旅人芭蕉』を読む、井師の見識に感じ苦味生さんの温情に感じる、ありがたい本だ(これで三度読む、六年前、二年前、そして今日)。
冷たい雨が降つてゐるし、腹工合もよくないので、滞在休養して原稿でも書かうと思つてゐたら、だん々霽れて青空が見えて来た、十時過ぎて濡れた草鞋を穿く、すこし冷たい、山国らしくてよろしい、沿道のところどころを行乞して湯ノ平温泉といふこゝへ着いたのは四時、さつそく一浴一杯、ぶら々そこらあたりを歩いたことである。
「秋風の旅人になりきつてゐる」 』

(続く)
 
  • 2015.12.13 Sunday
  • 10:43

談話室

山頭火とコーヒー (7)

JUGEMテーマ:コーヒー
山頭火とコーヒー (7)

coffeecup
 
 山頭火唯一のコーヒーの句は
『あさせみ すみとおるコーヒーを一人』
です。

 「山頭火句碑と防府市のまちづくり」(堀江新子)によると、
 『 昭和13年7月、当時としては貴重なコーヒーをもらった山頭火が、さわやかな早朝のコーヒーの味を朝蝉のすきとおるような鳴き声に託して作った句である。
 即興でつくった句で、万年筆でメモ書きし、句友であった河内山光男氏(其中庵近くに在住し山頭火と親密な交流があった)に手渡した。その頃の日記にはコーヒーについては何度も出てくるが、この句は記載されておらず、幻の句となっていた。昭和47年8月に山頭火研究家で詩人の中山哲郎氏が河内山氏をインタビューして 『山頭火ノート』8号(平成2年10月発刊)に当時のエピソードと共に「山頭火とコーヒー」として発表され話題となった。その後、島根県益田市の女性からの連絡で
 「朝蝉澄とほるコーヒーを一人」
という短冊があることが判明した(『山頭火新聞』第3号、平成6年(1994)10月25日発行に掲載)』

 旅日記  1938年(昭和十三年) 56歳 七月十九日の日記に「今日はまたアメリカの大月さんからコーヒーを頂戴し…とあるので、このときのことかもしれません。

(続く)

 
  • 2015.12.06 Sunday
  • 09:18

談話室

山頭火とコーヒー (6)

JUGEMテーマ:コーヒー
山頭火とコーヒー (6)
 
coffeecup

 其中日記 1938年(昭和十三年) 56歳には、酒におぼれている自らへの悔恨が記されています。分かっちゃいるけどやめられないというところでしょうか。
 『 八月廿日 曇。
…  酒はやめられない、酒を飲むと脱線する(いつもさうではないが、そして脱線といつても大したことではないけれど)、ほんたうにうまい酒、最初から最後までうまい酒が飲みたい。
悔のない生活、かへりみてやましくない生活がしたい。
私は矛盾だらけだ、それはアルコールがもたらすものである。
或る日はおとなしすぎるほどおとなしく、或る夜はあきれるほどあばれる。
あゝ、かうして私は一生を終へるのか。
ほろ々酔ふたとき、私は天国を逍遙する。
しんじつ句作するとき、私は無何有境の法悦を味ふ。
あゝ、この矛盾! それを克服することが私にあつては生死の問題だ! 』

 そして、いよいよ追い込まれていく危うい心情が吐露されています。
 『 八月廿一日 曇、微雨。
身心沈静、専心読書。たよりさまざま、友はなつかしいかな。
自己粛清――自己転換――自殺――私もいよ々どんづまりまで来た。
まさしく秋、天も地も人も。』

 『 八月廿二日 曇――晴。
欝々として。―― 戦争の夢を見た、覚めてからも暫らくは身心が重苦しかつた。』

 『 八月廿三日 晴れたり曇つたり。
冷々淡々、それでよろしい。
朝はコーヒーだけ、昼は御飯、晩はまたコーヒー。憂欝にたへきれなくて散歩する、暮羊居に寄つて新聞を借りる。
万葉集を読みつゝ、その素純にうたれる。身辺整理。とても寝苦しかつた。』

 『 八月廿四日 晴、快晴。
けふもコーヒーだけ。清丸さんから重ねてたより、召集されて入営するといふ、餞けする物はないので、さつそく一句贈つた。
六日ぶりに街へ、まづW店で一杯また一杯(酒も六日ぶりだ)、そしてS店で半搗米を貸して貰ふ。
けつきよくは飯と水である。
今日はお盆の二十四日、地下はお地蔵さまのおせつたいで賑ふ、ほゝゑましい風景であつた。
午後、また、散歩がてらポストへ、暮羊居に立ち寄つて、久しぶりに会食した、よばれた々、うまかつた々!
夜、暮羊君来庵、杉の青葉で蚊遣して、わざと蝋燭で、コーヒーをおいしくすゝつた。今夜も寝苦しかつたが、やつと眠れた。』

 『 八月廿九日 曇。
夜の明けるのを待ちかねて、水を汲む、水が濁つてゐる、さびしい色だ、何となく心が重苦しい。午後、Nさん久しぶりに来庵、そこはかとなく話す、コーヒーを御馳走したいが砂糖がない、そこらまで送る、そして私は石油買ひに新町へ、M店で一杯、むろんマイナス也、老主人はいつも嫌な人間なるかな、ついでに米を貰うて戻る。』

(続く)

 
続きを読む >>
  • 2015.11.29 Sunday
  • 08:28