Calender

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

談話室

山頭火とコーヒー (7)

JUGEMテーマ:コーヒー
山頭火とコーヒー (7)

coffeecup
 
 山頭火唯一のコーヒーの句は
『あさせみ すみとおるコーヒーを一人』
です。

 「山頭火句碑と防府市のまちづくり」(堀江新子)によると、
 『 昭和13年7月、当時としては貴重なコーヒーをもらった山頭火が、さわやかな早朝のコーヒーの味を朝蝉のすきとおるような鳴き声に託して作った句である。
 即興でつくった句で、万年筆でメモ書きし、句友であった河内山光男氏(其中庵近くに在住し山頭火と親密な交流があった)に手渡した。その頃の日記にはコーヒーについては何度も出てくるが、この句は記載されておらず、幻の句となっていた。昭和47年8月に山頭火研究家で詩人の中山哲郎氏が河内山氏をインタビューして 『山頭火ノート』8号(平成2年10月発刊)に当時のエピソードと共に「山頭火とコーヒー」として発表され話題となった。その後、島根県益田市の女性からの連絡で
 「朝蝉澄とほるコーヒーを一人」
という短冊があることが判明した(『山頭火新聞』第3号、平成6年(1994)10月25日発行に掲載)』

 旅日記  1938年(昭和十三年) 56歳 七月十九日の日記に「今日はまたアメリカの大月さんからコーヒーを頂戴し…とあるので、このときのことかもしれません。

(続く)

 
続きを読む >>
  • 2015.12.06 Sunday
  • 09:18